2018(平成30)年度から大分県の制度が変わります。

耐震診断

   所有者の負担は、5,500円 定額になりました。

耐震診断・耐震改修 事例

事例 A邸 木造平屋建て 延べ床面積:87.78㎡

 「瓦屋根が古くなったので、葺きかえをしたい」というのが、始まりです。

 耐震診断で耐力不足ならば、屋根葺き材を板金など軽い屋根にすることで改善できます。

 耐震改修ということで、補助金がもらえます。

 

 耐震診断評点0.81(倒壊の可能性有)   改修後評点1.16(一応倒壊しない)

 

 費用の半分近く、補助金で賄えました。

 平屋の瓦葺住宅は、屋根の葺き替え(軽い建物に)をするだけで補助対象になることもある。

 

 ●大分県耐震診断・改修補助金申請

着工前

既存瓦はがし


板金屋根葺き工事

完成


事例 B邸 木造2階建 延べ床面積:115.04㎡

 中古住宅を購入し、屋根葺き替えと外壁貼り替えに伴い、耐震改修をする。

 新築時の図面もなく、非破壊検査だけでは確認できない要素が多くあり、当初の診断評点は小さい。

 リフォーム中に確認しながら、再計算で、耐震診断を行った。

 

 改修方針は、屋根瓦を軽くする。外壁張替時に外周の筋違や柱脚・柱頭の金物補強を行う。

 また、耐力壁が不足なら補強可能な個所に新設する。

 結果的に、室内からの石膏ボード壁の補強にした。

 

 

 耐震診断最終評点0.73(倒壊の可能性有)   改修後評点1.33(一応倒壊しない)

 

  ●耐震基準適合証明書発行(住宅宅ローン減税他)  ●大分県耐震診断・改修補助金申請

  ●耐震リフォーム減税工事証明書(確定申告用)

既存屋根瓦

改修前 1F(X2,Y9)

筋違端部・柱脚

かすがいのみで接合

シングル屋根に葺き替え

軽い屋根に

改修後 1F(X2,Y9)

筋違端部・柱脚

2倍筋かいプレート接合

柱脚金物補強


改修後

柱頭金物補強

2倍筋かい金物補強

改修後

柱脚金物補強

2倍筋かい金物補強



What's New

介護支援(改築)工事

押さえどころ満載工事です!

 

中古住宅情報

athomeにリンク

  

<特選中古住宅情報>

お問合わせやお見積り希望の方は、ポチッ!